読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとめノート。

食べ歩き、IT、ガジェット、ライフハックについての記事を書いていきます。

サンフランシスコベイエリアのホステル情報

サンフランシスコのベイエリアで私が実際に泊まった3つのホステルについて、まとめノートを作りたいと思います。

1.USA Hostels in San Francisco (USAホステルズ イン サンフランシスコ) 

   Hostels in San Francisco, Book San Fran Room at USA Hostels

 特徴

 ・ユニオンスクエアから徒歩10分ほど

 ・24時間フロント対応、キッチン利用可

 ・朝食ではパンケーキが作り放題

 ・広いダイニング

 ・各ベッドにコンセントとあかりがある

 人生で初めて泊まったホステルになります。想像していたものの最初はやはり戸惑いました。ここはポストストリートという道の並びになります。ユニオンスクエアから近くもなく遠くもなくという感じです。歩くのが苦になることはなかったです。治安はやや悪いが、夜でなければ普通という感じです。私は、空港から初めてホテルに向かう時間違ってテンダーロイン地区のど真ん中を通ってしまい、色々と衝撃でした。まあ新今宮などと変わらないといえば変わらないんですが。

 基本的に繁華街の中にあるので、24時間営業というイメージです。いつでもキッチンはあいてるし誰かいるというイメージでした。

 朝はパン・フルーツ・オートミール・パンケーキ・飲み物が自由に食べられます。

 

2.HI San Francisco Fisherman's Wharf Hostel (HI サンフランシスコ フィッシャーマンズホステル)

 HI San Francisco Fishermans Wharf | Historic hostel on the Bay | HI USA

 特徴

 ・立地や景色が最高(すぐ目の前が海)

 ・カフェが併設

 ・穏やかでのんびりした時間が過ごせる

 ・開放感があり、綺麗

 ・暖炉のあるリビング

 個人的にお気に入りのホステルです。もちろん人気の場所です。フィッシャーマンズワーフから遠くなく、静かで自然豊かな場所にあります。思わず早朝にランニングとかしたくなるような場所です。暖炉のあるリビングは綺麗で長い時間そこにいても疲れません。

 ただ、調味料などがきちんと常備されていなかったのは残念です。(他の2つのホステルはきちんとあった)

 

3.Adelaide Hostel (アデレードホステル)

 The Adelaide Hostel 

 特徴

 ・カーテンで自分のスペースが仕切れる

 ・ユニオンスクエアから徒歩5分

 ・各ベッドにコンセントとあかりがある

 今回の旅で一番長く泊まったホテルです。カーテンでプライベートスペースが作れるのが落ち着きます。そして安いので、ここを拠点にしました。USAホステルズよりユニオンスクエア側にありますし、若干テンダーロイン地区からも離れるので、まあまあの治安という感じです。ただ、ホテルが奥のところにあるので、気をつけてください。あと階段が急です。

 マイナス点が少ないのと、スーツケースを持った移動に疲れたので、これ以上ホテル探しはしませんでした。

 

 今回紹介した3つはいずれも泊まれば普通以上の満足はあると思います。ただ、当然5000円以下のホステルであるということは忘れないでください。ビジネスホテルのイメージで行くと期待は裏切られます。